洗い方や石鹸などの正しい使い方についてまとめました!
総合評価第1位
シェリーケア シェリーケア

抗臭成分カキタンニンや洗浄成分ガリカバラエキス、その他サポート成分もすべて天然由来。優しい使い心地が人気の秘訣です。

総合評価第2位
ロンタル ロンタル ハーバルジェルソープ

肌馴染みも良く使いやすいジェルタイプのソープ。ミョウバンやカキタンニンがバランス良く配合され強力な消臭効果が期待できます。

総合評価第3位
インティマ インティマ

たんぽぽ根エキス、カモミールエキス、マリーゴールドエキスの天然ハーブをそれぞれ配合した3タイプがあり、香りが選べるのも嬉しい!

洗い方や石鹸などの使い方は?正しい使い方を知ろう

デリケートゾーンの洗い方が不十分だとどうなるの?

恐ろしくて想像したくもないですが、デリケートゾーンの洗い方が不十分な場合、いったいどんなことが起きるのかをまとめました。洗い残しにより残った雑菌や汚れによって、臭いやかゆみが発生したりオリモノが増えたりします。またひどい場合は、細菌性膣炎になってしまうことも。雑菌は、大腸菌やブドウ球菌、カンジタ菌が代表で、洗い残しの他にムレが原因で増殖することでも知られています。

デリケートゾーンは体の中で最も汚れが溜まりやすい場所で、膣からの分泌液やトイレットペーパーの残り、汗、尿などが一箇所に溜まってしまうので臭いがして当然な場所なんです。また大きな汗腺もあることで、汗も出やすいですし、汗腺が大きな方だとスソガなどの臭いで悩んでしまうこともあります。普段からできる限り汚れをキレイに落とすことを意識して、細かな部分まで丁寧に洗うことを心掛けていくと、今まで悩んでいた臭いやかゆみが減りますよ。

正しいデリケートゾーンの洗い方

学校でも教えてくれない正しいデリケートゾーンの洗い方をご存知でしょうか。場所が場所なために、友人にも親にも相談しにくく、間違った洗い方を続けてしまっているという方が多いようです。ただシャワーでざっと表面を流すだけの方、タオルなどで念入りに洗う方、ボディソープを使って手で洗う方、様々だと思います。実はこの洗い方はすべて間違っています。ざっと流すだけだと洗い残しが出てしまいますし、タオルで洗うのは摩擦によって肌を痛めて黒ずみますし、ボディソープは洗浄効果が強すぎて良い菌まで洗い流してしまうので良くないのです。

ではどんな洗い方ならば良いのかというと、デリケートゾーン専用ソープを使って手で洗っていくのが正解です。専用ソープはPHも肌に合わせて作られており、良い菌まで流してしまうことがないので安心です。手でざっと洗うのではなく、指の腹を使って細かな部分もキレイに洗っていけばOKです。

洗い過ぎはNG!

臭いやかゆみがある場合、オリモノが気になる場合はどうしても洗いたくなってしまいますが、洗いすぎは厳禁ですよ。洗いすぎることで良い菌を流してしまい、逆効果を招いてしまうという結果になるからです。いやな臭いの原因となっているのは、アンモニアや黄色ブドウ球菌やカンジタ菌が主な代表ですが、良い菌である表皮ブドウ球菌がこれらの増殖を抑えてくれるので臭いが防げるという仕組みになっています。せっかく臭いから守ってくれる菌があるのに、洗いすぎて流してしまっては、意味がありませんね。

正しいデリケートゾーンの洗い方でも触れていますが、洗う時は専用のソープを使って洗うこと、細かな部分まで丁寧に洗っていくことを意識するだけで臭いやかゆみはかなり軽減しますので、洗いすぎる必要がなくなります。また、生理の終わりころなどで膣の中をどうしても洗いたいという時には、石鹸は使わずにぬるま湯でさっと流す程度に抑えておきましょう。

洗い方だけじゃない?専用のソープを使うことも大切

総合評価第1位
シェリーケア シェリーケア

抗臭成分カキタンニンや洗浄成分ガリカバラエキス、その他サポート成分もすべて天然由来。優しい使い心地が人気の秘訣です。

総合評価第2位
ロンタル ロンタル

肌馴染みも良く使いやすいジェルタイプのソープ。ミョウバンやカキタンニンがバランス良く配合され強力な消臭効果が期待できます。

総合評価第3位
インティマ インティマ

たんぽぽ根エキス、カモミールエキス、マリーゴールドエキスの天然ハーブをそれぞれ配合した3タイプがあり、香りが選べるのも嬉しい!

ページのトップへ